「アスタリスクの花言葉 技術だけではゲームは生まれない」について

この投稿はアスタリスクの花言葉 技術だけではゲームは生まれない VRchatに対するレスポンスです。VRChatワールド「アスタリスクの花言葉」のネタバレを含みますのでご注意ください

“「アスタリスクの花言葉 技術だけではゲームは生まれない」について” の続きを読む

#6.5: 世界は私たちに遍在する

みなさんは近頃どんなVRChatライフをお過ごしでしょうか? 激動のバーチャルマーケット3も開催間近となり、目新しいアバターも増え、多種多様なイベントもますます活気づいていると思います。 私は最近何をしているかというと、1%の仮想が開催された少しあとくらいからせっせとワールド制作を行っています。

内容は「ちょっと変わった謎解きワールド」です。ちょっと、というかかなり変わっているんですけど、VRChatの世界に無数に存在するワールドのどこでも体験することのできない「なにか」を提供できるようなワールドを目指して作っています。 私は作者本人なので自分で判断を下すことが難しいのですが、遊ぶ前と後ではVRChatやこの文章でさえも全く違ったものに見えるような、そんなものを目指しています。

「謎解き」というジャンルのコンテンツは基本的に「エゴの塊」です。 よくある謎解きゲームでは、いろんなところに散らばった数字・記号や単体では何ら意味のない物を組み合わせて「作者が答えてもらいたい何の意味もない答え」を作ります。 これってかなり自分勝手じゃないですか?もちろん謎を解く側の人は「謎を解く爽快感」を楽しむためにこういったことをするわけですが、なにも「4桁の暗証番号」とか「何種類もある鍵」とかを探し回ることに楽しさを見出さなくてもいいでしょう。 なので、このワールドではできるだけ謎を解くこと自体に楽しみを見出してもらえるような内容にしています。謎を解くために時には大胆な行動が必要になるかもしれませんが、これもフレンドと一緒にわいわい楽しんでもらえればと思います。

なにはともあれ、「VRエンターテイメントのキラーコンテンツは『人』」です。 VRChatを楽しんでいる人のほとんどは「人と接する」ことを楽しみにして毎日せっせとHMDをかぶっていると思います。 どんなに美麗なワールドを作っても、それは人と接するための場所、いわゆる「添え物」であって、コンテンツの本質ではありません(逆に、人と会えないVRChatを何千時間もプレイしたい人はいるのでしょうか?)。 このワールドも、そんな「人と接する」ためのひとつのきっかけになれば幸いです。

今月中には公開できればいいなと思います。