2018年の個人的まとめ

注意:お気持ち文書です。そういうのが苦手な方は読むのをお控えください。なんかTwitterを観察する限りVRChatユーザはお気持ち表明が好きらしいのでこういう文章で今年のまとめをします。2018年現在のバーチャル一般人から見た仮想世界の考察に関する怪文書も1つくらいはインターネット上にあってもいいと思うので。

今年はVR界隈、VTuber界隈、VRChat界隈、そして私にとっても激動の1年になりました。Oculus Goが販売されて一般ユーザにもちょっとだけVRが普及し、YouTubeには数千人のバーチャルユーチューバーが突如出現し、VRChatではねこますさんの激推し等に端を発してユーザ・アバター・文化が急激に発展し、20代男性である私もバ美肉してなぜか(誰とも顔を合わせずに)個展を開きました。ここまでスピーディにかつ急峻に情勢が動くインターネット界隈は私からみても非常に特異な現象だと思っています(または私もそのなかにどっぷりつかってしまっていて井の中の蛙になってるのかも)。初音ミクをはじめとしたVOCALOID・VOICEROIDが「声の民主化」だとすれば、上記のようなバーチャル文化は「世界・容姿・『本質』1の民主化」みたいなもので、こう考えるとこの盛り上がりも納得と言えるかもしれません2

私個人としては、HMDを日常的に被りはじめる前と後では(以前と比べるとちょっとだけ)外交的とかポジティブな性格になったような気がします3。これも誰かが言っていたように「容姿が美少女になると人への好感度が思いっきりバイアスされる」という現象だと思うのですが、フレンドの可愛さ(外面と内面の両方を含む)に日々悶絶したり、知り合いのVTuberさんのマッハ新書を読んでみたり4しています。ここまで書いてみると完全に宗教のたぐいですが、実際毎日楽しく過ごせて少しは有益なアウトプット(例:個展)ができてるので別に宗教でもいいかと思います。私は発話が極端に少ない性格5で「他人とのコミュニケーション」に関してはいろいろ思うこともあるのですが、これに関してはちょっと別の形でアウトプットできればいいかなと思っています。

外部の人間からは理由が理解しづらいかもしれませんが、VRChatterの皆さまにおいては「VR」という概念に何らかの「エモ」とか「ライブ感」とか「特別感」を抱いている人も多いかと思います。おそらく、この文章を読んでいる人は「VR恋愛」みたいな概念や拙作「1%の仮想」、パーティクルライブ・VRアートイベント・某ーストクラブの「デ」、または誕生日イベント等で多少なりともHMDを被りながら心を動かされる経験をしたことがあると思います。「1%の仮想」についてはエゴサしていると「最後の作品で泣いてしまった」という方が何人かいらっしゃったようで、作者としては本望に尽きるのですが、あの作品についても「本質」と「仮想」部分の落差を作品として形にしただけで、作品の本質は私たちの(VRChatを終了したときに感じる)あの感情そのものです。こういった「VRにおける『エモ』の具現化」みたいなのは映画「Ready Player One」で描かれた「VRが実現したらまず作られるであろうエンターテイメント性あふれるコンテンツ」とは真逆の方向を行っていると思うので、来年もどんなエモが発生するのか個人的にはとても楽しみです。

一方で、個人的にはこのムーブメントも「井の中の蛙」感が否めないと思います。実際「バ美肉」や「VR恋愛・結婚」という概念は一般的な人にとってはドン引きする文化だと思いますし、実際私もリアルでそういう話をしてみても軽く引かれます6 7。VRChatの日本コミュニティについても、(主に語学力の問題で?)あまり海外コミュニティとの交流が行われていないように見えます8。この文化が現実世界や他の仮想世界で生きている人たちにまで浸透するのか、または単なるインターネット(または日本)におけるイロモノ文化のひとつとして終わってしまうのか、2019年も目が離せません。

ただ、私はお気持ち表明要員でなければバーチャルリアリティに関する専門家でもないので、上で書いたような現象を論じるつもりもないですし、現実一般人(⇔バーチャル一般人)に啓蒙とかもするつもりはありません。2019年も相変わらず「1%の仮想」のようなよく分からないもの9をよく分からないタイミングでポッと出すことを続けようかと思います10

今こそこそ作っている作品は「★の花言葉」(仮称、あとで変更します)という名前のVRChatワールドになります11 12。ゆっくり作業するので公開は来年春ごろとかを予定しています。また、個展を開いた直後にちょっとだけ公開したDiscordチャンネルにて「Beyond Reality」という合同アート作品ワールドも計画しています。

それでは、来年もよろしくお願いします!

VIVE Proアップグレードキット レビュー

なけなしの貯金をはたいてHTC VIVE Proのアップグレードキットを購入しました。
以下導入方法とかまとめ。

アップグレードキットとは

HTC VIVE Pro アップグレードキットとは、既にVR HMDであるHTC VIVEを所有している人向けに販売されているキットで、ProのヘッドセットとそれをPCに接続するためのリンクボックス・ケーブル類が含まれます。
VIVE Proは無印VIVEで採用されているトラッキングシステムを改良したSteamVR Base Station 2.0に対応しており、3個以上のベースステーションが利用できるなどの恩恵がありますが、HMD自体は旧バージョンにも対応しているため、「トラッキング性能はそのままでいいけど解像度・装着感は上げたい」という既存ユーザ向けにこのようなキットが販売されています。
無印とProのHMDのスペック上の変更点は以下のようになります。
  • 解像度: 2160×1200 → 2880×1600ピクセル
  • 視野角・リフレッシュレート: 変更なし
  • 重量: 軽量化されているらしい(公式には記載なし)
  • オーディオ出力: 3.5mm ステレオ端子 → ハイレゾ対応ヘッドセット(本体と一体化)

導入方法

すでにHTC VIVEを使用している場合、
  1. 旧リンクボックスとケーブル三種類(USB・HDMI・電源)をPC・コンセントから取り外す
  2. 新リンクボックスのケーブル三種類(USB・(Mini) DisplayPort・電源)をPC・コンセントに取り付ける
  3. 新リンクボックスとPro HMDを接続する
  4. 新リンクボックスの電源を入れる(ドライバが自動でインストールされる)

で導入できます。接続に必要なケーブル類はすべて付属しているため、導入にあたって買い足す必要があるものは何もありません

HTC VIVEの接続図:緑の機器・ケーブルは本体に付属

HTC VIVE Proの接続図:赤の機器・ケーブルはアップグレードキットに付属

一点だけ変更点として、PC側の映像端子がHDMIからDisplayPortに変更されているため、GPUの端子数は確認しておく必要があります(ハイエンドGPUでDisplayPortが一つもないことはないと思いますが……)。また、PC-リンクボックス間のUSBケーブルもしれっと2.0から3.0に変更されていますが、2.0の端子につないでも普通に動きました。

必要スペック

私のPCスペックは以下のとおりです。

VIVE Proの推奨GPUはGTX 1070以上なのでスペック的にはギリギリですが、Space Pirate TrainerGoogle Earth VRBeat Saberなどの一般的なゲームでは特にフレームレートが落ちることもなくプレイできました。

VRChatに関してはそもそもゲーム側の最適化が不十分でどんなスペックでもワールド・アバターによっては処理落ちすると言われているため、あまり適正な評価はできませんが、私のスペックでは少人数のワールドでは90 FPSを維持できる場合もありました。

装着性

VIVE Proのウリのひとつに「HMDの装着感の向上」があります。無印ではゴム製のバンドにケーブルを通すというシンプルなつくりでしたが、Proでは頭頂部はゴム製、側面・後頭部はプラスチック製に変更し、後頭部にスポンジをつけることによってよりフィットしやすくなっています。また、後頭部のつまみをまわして簡単に締め付けの強さを変えられます。さらにオーディオについても改善されており、無印では雑にイヤホンが付属していただけでしたが、Proではヘッドホンが一体化しており、イヤホンを手探りで探してつける必要がなくなります。
私の感想としては確かに装着感は向上しており、(後頭部に重心が多少寄っていることもあり)より負担が軽くなっているように思います。ただし、欠点としてHMDの外を見るためには
  1. 両側のヘッドホンの角度を変える
  2. 後頭部のつまみをゆるめる
  3. 左手でHMD本体、右手で後頭部のバンド部分を掴んで外す

という3動作が必要になります。VRChatなどの長時間使用が前提で途中休憩を取るようなアプリの場合、無印VIVEのように片手で簡単に外すことができないために途中でスマホやPCの画面を見たりしずらくなります。(このへんは向上した解像度の分でSteamVRのシステム画面・OVRDropBigscreen等でVR内で見ろってことでしょうか……?)

一体化されたヘッドホンについては多少締め付ける力が弱いですが、耳にフィットするように角度を調整すればよく聞こえます。音質については(私はあまり音質にこだわるほうではありませんが)とくに悪いところもなくいい感じに聞こえます。

画面解像度

HTC VIVE Proの最大のウリは解像度の向上で、解像度が78%向上することによってより鮮明な映像を楽しめるとされています。
私の感想としては、
  • 普通の風景についてはほんのり綺麗になっているように見える
  • デスクトップ画面や文字については明らかに見やすくなっている

という感じです。特に後者に関しては、フルHDの画面に表示したDiscordのフレンドの「XXXをプレイ中」の文字がぎりぎり読めるというくらいまで改善されています。もちろん現実世界と同じようにデスクワークをするにはまだ足りないですが、単な作業くらいならVR内でも可能です(実際、この記事の一部はVRChatの作業部屋内でOVRDropを使用して書きました)。前者についても、まだピクセルが肉眼で見えるレベルですが、脳内で補間する必要性が減っているためか目への負担が少なくなっているように感じます。

その他細かい変更点

その他の細かい変更点を列挙しておきます。参考までに。

  • リンクボックスに新たに電源スイッチが追加されています。このスイッチ、ONにしてもSteamVRが起動するわけではなく(コントローラのスイッチを入れた際には自動で起動する)、そもそもHMDは通電していてもトラッキングSteamVRがオンになっていない場合はディスプレイは通電しない仕様のため、正直電源スイッチが存在するメリットが見当たりません。通電中はHMDが温かくなるので、おそらく製品寿命を延ばす言い訳づくりのためにつけているのかも……
  • ヘッドホン左側には音量スイッチ、右側にはミュートスイッチがあります。前者は無印の場合にはVR内のスライダーを腰だめうちの要領で慎重に動かして音量調整する必要があったため便利です。一方で右側のミュートについては押してもVR内ではなにも表示されないため、気づかずにミュートしてしまう可能性があります。(多分ここらへんはSteamVRのアップデートで改善されると思いますが)
  • HMDの左下には目とレンズの距離を調整するボタンが追加されています。ただしこれは調整しても穴からのぞき込んでる感が増加するだけなのであまり使わないかも……右下の左右の目の距離(IPD)を調整する機能は健在です。
  • コントローラのシステムボタン2回押しで表示されるルームビューになぜかマイクの音が乗ります(音声確認に使えるという点では便利かもしれない)。ちなみにこれは前述のミュートを有効にしていてものります。カメラ画質については劇的な改善はありませんが、ルーム内の概観を見ることはできます。
  • リンクボックス-HMD間のケーブルの特性はほぼ同等です。(直径5.7mm、長さは未計測)
  • フェイスクッションが無印よりも大きくなっているので前の記事で作ったようなものは使用できません。

まとめ

以上をまとめると、「アップグレードによって劇的にVR体験が向上するわけではないが、より快適に過ごすためには買っておいて損はない」という感想です。もちろん、これが10万円を払うに値するかどうかは人によって意見が分かれると思いますが……