私から見たVRChatの10の楽しみ方

はじめに

VRChatでは日本人のアクティブユーザーが最大1万人程度いると言われていますが、「VRChatでの過ごし方」に関する資料はあまりアクセスしやすい形で転がってはいません1

この記事では2019年1月現在で私が知っている過ごし方を簡単に書いてみます。 どちらかというと「VRChatをはじめたい・はじめたばかりだけど何をすればいいかわからない」という人向けです。 もちろん、ここに書いていないプレイスタイルももちろんあるでしょうし、これらのうちどれかを私が推薦するものではありません。

1. 居心地のいいクラスタを見つける

フレンド交流の究極形態、誕生日イベント

最も主流にして最難関の遊び方です。 VRChatでのクラスタについてはこちらの記事で解析していますが、おそらく多くの人は気の合う人たちを見つけるとその中で特定のワールドに集まったりゲームワールドを遊んだりしていると思われます。
居心地のいいグループを見つけるには「とにかく色んな人のいるワールドにJoinして人に会う」しか方法がないのですが、プレイし始めてすぐにVRChatじゅうの人に会うことはできません。 Kanataさんの記事で描写されているように、Publicなインスタンスでは非日本語圏の人やトロールが多く存在する(と考えられている)から、日本人ユーザーの多くはPrivateなインスタンス内で遊ぶことが一般的です。 ところが、Privateインスタンスは「入室にいちいち承認作業が必要なInvite・Invite+」と「フレンドのみ(またはフレンドのフレンドのみ)が入室できるFriend・Friends+」の設定しかないため、必然的にFriendかFriends+でインスタンスを作成することになります。 これにより、「日本人のいるPrivateインスタンスに行くにはフレンドを作るしかない」「フレンドを作るにはPrivateインスタンスにいくしかない」という悪循環が生まれてしまいます。 この問題を解決するためには以下のような試みが有志によって行われています。

  • 初心者集会:と呼ばれるイベントが開催されることがあります。初心者同士や紛れ込んでいるベテラン勢フレンドになることでVRChatに入る敷居を下げる効果があります。
  • #VRChatはじめました:というTwitterのタグがあります。これにVRChatのIDをつけることで、Twitter経由でフレンドを募ることができます2。このタグをつけたツイートを率先的にRTされるVTuberさんもいます。
  • VTuberによるフレンド承認:ごく一部のVRChatユーザーのうち、特にVTuberとして活動されている方はフレンド申請を積極的に受け入れる姿勢を表明しています(例えばフィオさんのらきゃっとさん)。ただし、会ったことのない人にいきなりフレンド申請をするのはよくないマナーとされているので、事前によく確認しましょう(必要であればTwitter等で聞きましょう)。

2. 居心地のいいワールド(雰囲気)を見つける

治安が悪いワールドの例

VRChatを楽しむために特定のフレンドに依る必要は必ずしもありません。というのも、特定の「特別視されているワールド」にはそれぞれ違った魅力的な雰囲気があるためです。 こういったワールドは有志によって定期的に運営されているもので、規模や入場方法もさまざまです。多くの場合、主催者に申請すれば行くことはできます。 こちらの例はこの記事の前半部分で解説しています。

3. Public(野良)に繰り出す

Public(Publicインスタンス)とは「VRChatのWorldメニューから直接アクセスできる場所」のことで、日本人以外の全世界のVRChatユーザーが必ずアクセスできる場所です。 Publicではトロール(荒らし)や著作権・倫理的にまずいアバターが一定数おり、多くの場合で日本語が通じないため前述のように日本人ユーザーは非Publicな場所にいることが多いのですが、逆に「全く知らない国の全く知らないユーザー」に常に出会うことができる場所でもあります。視界ハックと呼ばれる技術で突然グロ画像を眼の前に押し付けられるリスク3もあれば偶発的に爆笑するような出来事が発生することもあるもあるので、VRChatの最もスリリングな側面と言えます。

Publicのなかでも”Fantasy Syukai jou”(ファンタジー集会場)や”1619 Hz”というワールドは日本人が多くは集まる傾向にあるため、「Publicに行ってみたいけど日本語でコミュニケーションしたい」人はこのようなワールドで検索してみるといいかもしれません。

4. “Chat”をしない

ある日のSilent Club

VRChatを楽しむためにChat(会話)をする必要は必ずしもありません。 というのも、VRChatユーザーには「無言勢」といわれる「一切ボイスチャットを使用しない人」がおり4、そのような人たちでもきちんとコミュニケーションは成立します5。 無言勢は「込み入った話がオンラインでできない」という縛りがありますが、逆に気負うことなく気軽にコミュニケーションが(双方ともに)楽しめるという利点があり、多くの場合色んな人に親しまれています。 こういったプレイスタイルは好きな人はSilent Clubという「強制的に全員無言になるクラブ」があるのでぜひ行ってみてください(勝手に宣伝)。

また、会話だけでなく体の動きでなんらかのコミュニケーションや表現を行うこともできます。例えば、フルボディトラッキングを使ったダンスやかわいい動き(いわゆる”kawaii move”)をしたり、アバターに仕込んだギミックでパフォーマンスを行うことが可能です。もちろん、これらを所構わずやると迷惑だと感じる人もいるため、比較的実験的な要素が許容される雰囲気のあるFantasy Syukai jou6やダンスワールドに行くのがおすすめです。

5. ロールプレイ

謎の組織、「環境課」(私もよく知らない)

VRChatを楽しむために自身の人格を露出する必要は必ずしもありません。 というのも、姿や声を自由に変えられるというVRソーシャルの性質上、特定のキャラクターを演じる「ロールプレイ」が可能になるためです7。 私はあまり詳しくはないのですが、悪役結社ヴァリアールとか「環境課」などの例があります。 また、バーチャルユーチューバーのなかにはYouTubeチャンネルでの活動とVRChatでの活動をリンクさせている人も多くいます(フィオさんおきゅたんbotさんなど)。動画とVRChatへの力の入れ方の比率はさまざまですが、このように「会えるVTuber」という活動スタイルを取っている人もいます。

6. 有名人に会う

あまり推奨されないプレイスタイルです。 現実世界と違い、VRChatでは有名な人(例えばねこますさん)に会おうと思ったら(技術的には)会えます。 バーチャルだからこそ「追っかけ」が極限までできてしまうのですが、同時に「追っかけ」の問題点はバーチャル世界でも適用されるため、相手が不快に思うようなことをするのはやめましょう。

7. 技術開発・作品制作

VRChatを楽しむためにVRChatをプレイする必要はありません。 というのも、VRChatは「ユーザーがワールドやアバターをほぼなんでもアップロードできる」という極端な自由度の高さがあるため、アバターや3Dモデル、シェーダー、ワールドを制作することも「VRChatを楽しむ」ことの一部となるためです8。 新しいアバターを作って人に見せたいと思ったらそれを「着て」適当なワールドに行ってみればいいだけなので、作品を創作するハードルは(他の発表形態と比べて)極めて低いです。新しいワールドを作ったらフレンドを誘って招いてみたりPublic申請して全世界のユーザーに見てもらうこともできます。 もちろんTwitterでの告知も有効な手です。

個人的には、この「クリエイターが作品を自分の体にできる」「クリエイターが作品にネット経由で人を『招く』ことができる(場合によっては数千人規模)」というのはクリエイター気質の人にとって非常に暴力的な魅力であると思っています。例えば「1%の仮想」を現実世界で開催するにはとんでもない量の(物理的・金銭的な)努力が必要でしょうし、開催したとしてもせいぜい身内数十人くらいしか来ないと思います。 また、「VR睡眠」や動画視聴でよく使われるワールドである“Another Home”坪倉家は数百人〜数千人規模の「家」になっていると思われますが、これを現実世界でやることはほぼ不可能でしょう(1件家を設計してもそこに寝る人数はスケールしないので)。 VRChatではアップロードできるデータの制限が非常にゆるいために「なにか新しい作品を世に出したい」というクリエイターっぽい人にとってはとても魅力的な選択肢であると思います9 10

8. イベントに参加する

わたしがやったやつ

VRChatでは日々さまざまなイベントが行われています。内容や参加方法はさまざまですが、どれもVRソーシャルでの新しい表現・交流方法を追求したものになっています。Sunaさんの記事でイベント情報の入手方法が詳しく書かれています。

9. VRソーシャルの深淵を覗く

VRソーシャルでは「仮想の体がネット経由で人と共有される」という性質上、人間の社会活動の極限に迫ったアクティビティが(一部で)試みられています。HMDをつけたまま寝る「VR睡眠」もその一例ですが、その他にも「VR恋愛(結婚)」や「ベッドしか置いてない2人用のJustなワールド」などといったワードも囁かれています。この記事ではいろいろとセンシティブな話題なので詳しくは言及しません。

10. 環境が整うまで待つ

現状VRChatをVR環境で楽しむためには、数十万円の投資をしてハイスペックPCとVR機器を購入し、かつ不便なUIやシステムに耐えながらひたすらフレンドを増やしていく必要があります。また、現在VRChatに居着いている人の多くは(現実ですでにプレイしている人がいないために)単身で飛び込んだ人もそれなりにいると思います。 将来的にはクリーンかつ快適なVRソーシャルサービスやワイヤレス6DoF VRヘッドセットが普及していくと期待されるため、VRChatをまだ始めていない人は「快適に仮想世界を楽しめるようになるまで待つ」こともVRChatを楽しむ方法の一つではないかと思います。もちろん、VR界隈は体感的な時間の流れがとても速いと言われているので、なにかしらの活動(創作活動やVTuberなど)をしたときにそれが評価されるハードルは日々上がっていっています。VRソーシャル界隈でクリエイティングなことをしたいと考えている人はその点を考慮して上手な参入時期を決めるのも重要だと思います11

参考資料

自分にあったプレイスタイルを見つける上で参考になりそうな資料一覧です。

VRChat それは満天の星空のように:Kanataさんの書かれた、VRChatの最初期から最近に至るまでの出来事が書かれた記事です。Kanataさんがどのような思いでVRChatの中で”生きてきた”のかが克明に語られており、必見です。

まっとさんはVRChatのプレイの様子をほぼ毎日Twitterにまとめられています12。一般的に動画は画像よりもはるかに情報量が多い(さらにTwitterでは1ツイートあたり4画像という制限がある)ため、当時のトレンドや人々の振る舞い方を知るよい手がかりになります。

V-TV:VRoadCaster(V-TV)はVR全般のニュースを紹介する生放送番組です。番組のなかで、放送当時の流行やVRChat内でのインタビューをいくつか扱っています。

仮想世界のつながり:VRChatにおけるソーシャルネットワークの可視化

この記事はVRChat Advent Calender 2018の19日目です。昨日の記事はReflexさん(@reflex1124)の「Reflex Shader 2.0の基本的な作りについて」でした。

Summary

In this short article, “How People Live in Virtuality: Visualizing The Social Network of VRChat,” I briefly analyze “how people live in VRChat” by using VRChat API. This includes the fact that a typical VRChat user has no connection with most (99.4%) of the community. And its results imply that in order to grow the Virtual community it is essential to sustain 1) an open and mobile environment, and/or 2) a conservative and creative environment.

注意

この記事ではVRChatユーザーの動向についてのデータを扱っています。このようなデータを評価・議論することに対して不快感を抱かれる方は閲覧されないことをおすすめします1 2。また、いろいろとセンシティブな情報を含むので、事実を歪めない範囲でわざと情報を隠したりブラフを入れたりしています。

導入

VRChatでは日々いろんなひとがいろんな場所で「暮らして」います。一方で、VRChatのシステムの関係上、1ユーザーの直接のフレンド以外の動向はほぼ完全に隠匿されるため、コミュニティがどのように成り立っているかを把握することは簡単ではありません。そこで私は考えました。

「1%の仮想」でフレンドが増えた私なら、APIを駆使してコミュニティの全体像が読み解けるのでは?

……ということで、この記事では私が取得した情報をもとにちょっとしたデータ解析をしてみます3。先に言っておくと、フレンドの皆さんごめんなさい。

背景

VRChatにおける「ワールド」の概念4は、私なりの解釈では以下の2つの尺度で分類できます。

  • 公開 or 非公開:ワールドへのJoin(入場)がどの程度開かれているか。基本的にVRChatではフレンド関係(他者からの信任)によってワールドに入れるかが決定しますが、後述するように例外もあります。
  • 自然発生的 or 計画的:ワールドの成り立ちが意図されたものかどうか。イベントとして開かれるワールドは「計画的」に、逆にPublicが普通のワールドは「自然発生的」とします。

これを私の知っている範囲で公開されている情報をもとにプロットしてみると以下の図のようになります。1%の仮想を除き単発のイベントに関しては表示していません(数が多いため)。

どこか間違っている箇所があればTwitterとかVRChatとかでお気軽にご指摘ください。また、この図は「右/左/上/下に行くほど良い」ということを意味するものではありません

「インスタンス作成計画」とは単にインスタンス作成のために事前に打ち合わせやセットアップが必要なことを指します。逆に「インスタンス管理者」はワールドIDを知っている人であれば誰でもなることができます。
以下、簡単な説明です。

  • Japan Shrine, Fantasy Shukai jou, Japan Townは定番中の定番ワールドで、なぜか(トロール等の存在があるにもかかわらず)伝統的にPublicのインスタンスが開かれます。1619Hz:IIも同様ですが、こちらは「初心者の交流」という目的がワールドに設定されているため、少し右側に配置しています。
  • 1%の仮想は以下の入場方法をとっているため、図のような配置となっています。
    • 第一回:私か会場内フレンドへのJoin(私へのフレンド申請は順次許可してました)
    • 第二回:私か会場内フレンドへのJoin+専用ページ(公開)からのJoin
    • Public:Public化されているため誰でもインスタンスを作成できる
  • バーチャル集会場Club.DelicはTwitter等からは入場方法が見当たらなかったため、公式ページやTwitterが存在するSilent ClubKemono Clubよりも下に配置しました。
  • GHOST CLUBは「オーナーに日記を書く必要がある」「皿を回す必要がある」ため最も右下に配置しました。

また、これらのワールドの「インスタンス」の意味することはそれぞれの色によって全く異なります。青色は基本的にPublic化されたワールドで、必要に応じてインスタンスが作成される(または既存の適当なインスタンスがプールされる)ため、「インスタンスID」に特に意味はありません。一方で、黄色や赤色の場合は、特定の用途のためにインスタンスを作成し、かつ集団の大部分が長時間滞在することが多いため、「特定のインスタンスに入る」ことが大きな意味を持ちます5。言い換えると、図の左ほど「ワールド本体を楽しむためのもの」、右ほど「人との交流やイベントを楽しむためのもの」といえます。

問題は、一番左上の分類「以外」の領域です。というのも、これ以外の領域はフレンドがいないと内情(誰がどの時間帯にいるか)を知ることができないため、フレンド数が多い人でないと解析自体ができないためです。なので、それを以下で見てみます。

評価方法

直近数ヶ月のフレンドの滞在しているインスタンスIDおよびそのインスタンスにいるメンバーを断続的に取得しました。取得手法や定量的な詳細についてはこの記事では非公開としますが、別に非合法的なアレではないですし、ググれば出てきます6

評価:隣接行列

まずは隣接行列です。これは一言で説明すると「VRChatユーザーを縦と横に並べて、つながりのある2人の交点に点を打ったもの」です。ここでは仮に「5時間以上同じインスタンスにいたことのある人は『つながりがある』」と定義しています7

VRChatユーザーの隣接行列。もうこの時点で記事の結論が出ている


図です。縦横にVRChatユーザー1673人8が並んでいて、白色のマスが「つながり」を表します。例えば、100番目の人と200番目の人につながりがあるかどうかは「左下から上に100ピクセル、右に200ピクセル進んだところが白色かどうか」で判断できます。ここではigraphのinfomapでクラスタリングしてインデックスを入れ替えており、クラスタの構成人数が多いほど左下に来るように配置してます。各小行列(白色が正方形の形になっているところ)はクラスタ(仲良しなグループ)を表します。

この図を見ると、明らかに「普通のVRChatユーザーはクラスタ外の人とはほとんど交流しない」ことがわかります(繰り返しになりますが、図の大部分を占める黒い箇所は「つながりがない」ことを意味しています)。また、黒色の部分の中に短い縦線や横線がありますが、これは「メインに所属しているクラスタの他に別のクラスタにも繋がりがある人」を表しています。

フレンド

次に、この図の私のフレンドのみを赤色で着色してみます。

私のフレンド(赤色)。私は真ん中の小さな赤いところにいます

この図で特徴的なのは3番目に大きいクラスタにフレンドがほとんどいない点です。この図において最大のクラスタ(最も左下)はファンタジー集会場とバーチャル集会場によくいる人のクラスタで、2番目はとあるクラスタ(クラスタの方針を考慮して以下🍤とします)ですが、私の正直な感想として3番目はどんなクラスタなのかはほとんど知りません。この例からもVRChatの交流が非常に疎であると言えると思います9

イベント系クラスタ

イベント系クラスタ(7箇所あります)

イベントを定期的に開いていてかつTwitter等で宣伝している(と私が勝手に判断している)クラスタを着色するとこのようになります。どこがどれかについてはプライバシーとかもありますので伏せます。興味深いのはイベントの規模とクラスタのサイズが必ずしも一致しない点で、複数インスタンスが並列して開かれるイベント(の主催者がいるクラスタ)でも構成人数が10人程度のところもあります。この理由としては、開催インスタンスが多すぎると逆に流動性が高く大きなクラスタが形成されづらいものと思われます。

 🍤

最後に、2番目に大きいクラスタについて軽く触れます。ここで唐突に隣接行列の「つながりの多さが上位95%の人」を着色すると次のようになります。

「つながりの多さが上位95%の人」を着色した図

この図より、明らかに🍤クラスタが特異である(クラスタ内部での交流が極めて盛んである)ことがわかります。理由としては、このクラスタでは継続的にクリエイティブでエモエモな「なにか」を行える環境が整っているため、リピーターが非常に多いことが考えられます。

評価:グラフ

“VRChatter Particles”(エッジの色の濃さは一緒にいる時間を反映)

景気づけにグラフにしてみるとこのような感じになります。少し大きめの丸が私です。

その他の情報

その他の豆知識をずらずら並べると以下のようになります。

  • 日本人コミュニティで最も大きい(と思われる)クラスタはファンタジー+バーチャル集会場勢であり、規模は60人程度と推定される
  • 🍤はクラスタ内部での交流時間が極めて長く特異
  • 30人程度で強連結(全員が全員と仲良し)で滞在時間が超長いクラスタが存在する10
  • 普通のクラスタの構成人数は平均11人程度、中央値7人程度
  • 普通のVRChatterが「長い時間をともにする」フレンドは多くても6人程度。一方で30人以上と深い交流を持つ人も5%程度存在する
  • 上記の隣接行列の非ゼロ要素は全体の0.6%である(すなわち、平均的なVRChatユーザーは仮想世界の99.4%とつながっていない

感想

集会場と🍤はクラスタの方針が間逆であるにもかかわらず1〜2を争う巨大なクラスタになっていることは非常に興味深いです。つまり、仮想世界のコミュニティを大きくするには「流動的でオープンな環境をつくる」か「保守的でクリエイティブな環境をつくる」の両方の手法が有効であると言えます11
一方で、「だれもが瞬時につながることができる」といわれる仮想世界で平均的なクラスタの人数が10人程度であることも特筆すべきかと思います。やはりこの理由としては「PCスペックの仕様上、1インスタンスに入れる人数が30人程度が限界」というのが根本的な理由としてありそうです。前にも書きましたが、VRChat運営においてはインスタンス間の情報伝達をもうちょっとうまくやってほしいなと思います12